トップ > 潜入ルポ!南米系風俗嬢の秘密

潜入ルポ!南米系風俗嬢の秘密~体験レポート~

外国人風俗嬢の秘密シリーズ、4回目は南米系風俗嬢です。南米といえば2016年のオリンピック開催国、ブラジルがまず思い浮かびます。かつては多くの日本人が移住した国として有名ですが、サンバも有名で、人々は陽気だという印象がありますね。南米は日本のほぼ裏側にありますから、それは途方もない距離があり、飛行機でも何時間もかかるのにわざわざ日本へ来てくれるブラジル人の方の数は増加傾向にあります。ビジネスチャンスをつかむためという人もいれば、治安がよさそうだから、日本に興味があるなど理由はさまざまです。その中で風俗で働く方も、少数ですがいらっしゃいます。彼女らはとりあえず治安のいい日本に来て、そうして稼げる仕事として風俗をやろうというパターンが多いです。彼女らも白人女性と同じで日本人と同化して暮らし、性にはオープンな傾向があります。色黒でナイスバディーな子が多く、積極的に我々とスキンシップを取って気持ちよくなろうという精神の持ち主です。自分が気持ちよくなることにも貪欲で、クンニするように求められることもしばしば。ブラジル人以外にも、アルゼンチンやチリの方でも日本には来ていますが、風俗で働くことはあまりないようです。それでも日本はワールドワイド、風俗のの種類も国際化しているなぁと実感するものです。

PAGETOP